忍者ブログ

人気アクセスランキング

最新記事

リンク

事業資金や融資のご相談など

成功事例 ノウハウ

最古記事

カテゴリー

カレンダー

06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

RSS

最新トラックバック

(09/24)
(09/24)
(09/24)
(09/24)
(09/24)
(09/24)
(09/24)
(09/24)
(09/23)
(09/23)
(09/23)
(09/23)
(09/23)
(09/23)
(09/18)
(09/18)
(09/18)
(09/18)
(09/18)
(09/18)
(09/18)
(09/18)
(09/16)
(09/13)
(09/04)

アーカイブ

最新コメント

[09/06 介護施設 種類 費用 料金]
[08/06 株式会社 求人情報検索]
[06/28 経営コンサルティング 医療法人]
[06/28 広告料金表 介護求人]
[06/15 笑いヨガ初心者 体験]

バーコード

フリーエリア

BBS7.COM
MENURNDNEXT
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

[PR] 独立準備~運営、CS、ESの向上


中古品売買の古物商のプロとして、 門外不出の禁断の内情を暴露します!!

単刀直入に言いましょう。 破産管財品、超狙い目なのです。

まともに買おうと思っても庶民には手が出ない高級品が ありえない価格で買えるという意表をついた仕入れ方。

一般の知名度は非常に低いですが、 高級品を格安で仕入れる方法は 破産管財品の他に、まずありません。

門外不出!!破産管財品が熱い!!中古品を激安購入!!古物商ビジネスの裏技!!
成功ノウハウ【古物商ビジネス】の裏側 年収700万円を稼ぐなら「ebay転売ノウハウ」
北九州商工会議所:黒崎商店街での起業募集します 空き店舗対策目的に /福岡(毎日新聞より)  北九州商工会議所(利島康司会頭)は1日、八幡西区の黒崎商店街で起業を目指す人たちを応援するベンチャー育成事業の募集を始めた。家賃の4分の3を補助したり、融資や税務の専門家による無料相談などの支援を開業から最大2年間実施する。商店街での空き店舗解消も狙い。  募集するのは、JR黒崎駅前の新天街や黒崎名店街、熊手商店街などの22店舗。いずれも家賃10万円以下で1階にある空き店舗で、応募者が希望に沿う物件を選ぶ。対象業種は小売り、飲食、サービス業。支援終了後も同店舗で引き続き営業し、夜間だけでなく昼間にも営業することなどが条件。新規出店者が共同作成するチラシなどの広告費も3分の2の補助する。募集は30日までで、来月上旬に支援対象者を決定する。  同商議所はこれまで、06、09年度と10年度上半期に同様の募集をしたが、現在も営業を続けているのは美容院と整骨院の2店舗のみという。  問い合わせは、同会議所八幡サービスセンター(093・642・5381)。
家賃の4分の3を補助!商店街で起業を!
来月たまベンチャーカフェ開催 起業事例を聞いて課題クリアに(タウンニュースより)  起業したい、起業したが不安がいっぱい…そんな人々の情報交換の場として川崎市が起業家交流会「たまベンチャーカフェ2010」を来月6日(土)と20日(土)に多摩区役所で開催する。時間はともに午後2時から4時まで。12月1日(水)には「てくのかわさき」でも午後6時30分から開かれる。  各回、多方面で活躍する起業家がゲストとして登場し、起業について話す。後半は情報交換とネットワークづくりのための交流会を催す。  第1回(11月6日)ゲストは高齢社会の食と職を考える会を設立した紀平容子さん。第2回(11月20日)はデイサービスの介護事業に取り組む杉村健さん。第3回(12月1日)は悩む若者やその家族の総合相談窓口を開所した渡辺克美さん。  定員は各回先着30人。保育も応相談。5人まで。いずれも無料。   問い合わせはNPO法人ぐらす・かわさき(【電話】044・922・4917)。  申込は参加希望日、氏名、性別、年齢、保育希望の有無、住所、連絡先、メールアドレスを同法人(【ファクス】044・922・4919)。
起業の先輩に事例を聞けるカフェ
「萌えビジネス」で学生が起業 久喜の19歳若林さん(Web埼玉より) アニメや漫画キャラクターを活用した「萌(も)えビジネス」に、1人のオタク大学生が参入した。久喜市栗橋東の若林福成さん(19)。9月に合同会社「福成」を設立、〝大学生社長〟として奮闘している。社員は社長だけ、自宅がオフィスという裸一貫からの出発。それでも「萌えで日本を元気にしたい」と、夢の大きさは誰にも負けない。  若林さんは高校3年の時、鉄道制服フィギュア・鉄道むすめの「栗橋みなみ」を活用した地域振興を提案。栗橋商工会と連携し、スタンプラリーや関連グッズの販売、声優を招いた夏祭りなどを実現させた。  若い力で企画を形にしてきた若林さんだが、「大人と交渉する中で、大学生という身分に限界を感じた」という。まちおこしを通して大勢の商売人とかかわり、「お客さん相手の仕事に魅力を感じた」のも起業を促した。昨秋から準備を始め、行政書士の助言から1人で設立できる合同会社を選択。貯金を崩して資本金10万円を捻出(ねんしゅつ)し、9月1日に念願を果たした。  業務内容はキャラクター商品の開発やイベントの運営が中心。既に具体化している事業もある。鷲宮商工会青年部が11月28日に主催するオタク向けの婚活イベント「オタ婚活」では企画段階から携わっている。  今後は野菜の販売や農業代行も手掛ける予定。「深谷のネギや吉見のイチゴなど、埼玉は農業が盛ん。農産物の包装にかわいいキャラを使って話題を集め、相乗効果を生み出したい」。肝心のキャラは関西在住のイラストレーターに依頼。県内の「道の駅」を営業に回るほか、さいたま市内の障害者施設からもイメージキャラ製作の打診を受けているという。  ただ、学業との両立は予想以上に大変らしく、「睡眠時間が3時間に減った」と目をこする。そんな若林さんを支えるのが、無報酬で協力する5人の仲間だ。「自分のやりたいことに合致していた」と話すのは、会社のホームページを運営する山梨県都留市の大学生村木伊織さん(22)。北海道の大学院へ進学が決まっているが、「大学院を出たら正式に入社したい。そのためにも会社を存続させなければ」と力を込める。  実際、経営は厳しい。現在のところ売り上げはゼロ。無給で働いても、法人税など運営費だけで年間40万円近くかかる。周囲からは「失敗して借金したらどうする?」と心配する声も。だが、若林さんは「自分が楽しみ、周りを楽しませることができれば、結果はついてくる」と楽観的だ。  周囲から地域、全国へと活動の場を広げていきたいと語る若林さん。目指すは萌え文化の格差是正という。「秋葉原に行かないとできない体験を、地方でも味わえるようにする。それが自分にできる日本の活性化です」  合同会社「福成」のホームページは(http://fukunari.web.fc.2.com) ■萌えビジネス  アニメや漫画キャラクターへの愛情を示す「萌え」をキーワードにした商品やサービス。オタク層の購買意欲を刺激するために美少女キャラが多く用いられ、顧客開拓の手法として注目されている。オタク文化の中心・秋葉原で活発だが、イラストレーター西又葵さんの絵を袋に描いた秋田県JA羽後の「あきたこまち」のように、最近は地方にも広がりつつある。
学生起業「萌えで日本を元気にしたい」