忍者ブログ

[74]  [89]  [90]  [44]  [88]  [85]  [42]  [47]  [105]  [94]  [92

人気アクセスランキング

最新記事

リンク

事業資金や融資のご相談など

成功事例 ノウハウ

最古記事

カテゴリー

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

RSS

最新トラックバック

(09/24)
(09/24)
(09/24)
(09/24)
(09/24)
(09/24)
(09/24)
(09/24)
(09/23)
(09/23)
(09/23)
(09/23)
(09/23)
(09/23)
(09/18)
(09/18)
(09/18)
(09/18)
(09/18)
(09/18)
(09/18)
(09/18)
(09/16)
(09/13)
(09/04)

アーカイブ

最新コメント

[09/06 介護施設 種類 費用 料金]
[08/06 株式会社 求人情報検索]
[06/28 経営コンサルティング 医療法人]
[06/28 広告料金表 介護求人]
[06/15 笑いヨガ初心者 体験]

バーコード

フリーエリア

BBS7.COM
MENURNDNEXT
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

[PR]
自殺があった賃貸住宅は、「心理的瑕疵物件」とされ、その事は説明義務があり、

次の入居者が決まらなくなったり、家賃を大幅に下げる必要も出てくるわけだが、

賃貸住宅の家主は、建築時に借入金を抱えていることもあり、遺族に相応の損害賠償を請求するのはやむを得ないという見方も。

国内の自殺者が、12年連続して3万人を超える中で、賃貸アパートやマンションで自殺した人の遺族が、部屋のリフォーム料や家賃補償など多額の損害賠償を求められるケースが報告されている。

具体的には、自殺から発見までに長期間を要した場合、室内にその痕跡が残ってしまうため、高額な改装費用を請求されるケースがあるという。

しかし、損害賠償の請求額に法的な根拠はなく、判例も少ないことから、時として過大な請求も行われている模様。借り手を見つけることが難しくなるため、3年~5年分の家賃をまとめて請求されるケースもある。
PR
自殺者遺族へ多額の損害賠償請求

Comments

名前
メールアドレス
URL
コメント
PASS

Trackback

Trackback for this entry: